RSS
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年ぶりの更新。。。

一年ぶりの更新ですね

気づいたときにはもう一年経ってました

カウンターみたら300人 うーん、、、微妙

torrentとかも紹介しようと思います

題名変えなきゃw

明日から更新しようと思いますんでよろしくお願いします
スポンサーサイト

カスタムファームウエア導入方法を解説します

カスタムファームウエアの導入について流れを簡単に書きます。
手元にカスタムファームウエア導入済みのPSPが用意できるか否かで、準備するアイテムや導入方法が異なります。

パンドラバッテリーが導入のカギを握る!
導入すればメリットいっぱいのカスタムファームウエアですが、導入方法は少々面倒です。パソコンにOSをインストールするときに、インストールディスクを使うのと同じように、PSPにカスタムファームウエアをインストールするには、インストーラを組み込んだメモリスティックからPSPを起動することになります。ですが、この作業は通常ではできません。そこで登場するのが「パンドラバッテリー」(別名「jigKick battery」)という特殊なバッテリーです。これを純正バッテリーの代わりに装着すれば、不思議なことにメモリスティックからPSPが起動され、カスタムファームウエアをインストールできるようになるのです。PSP-2000にカスタムファームウエアを導入する場合には、必ず必要になるものですが、入手方法は、市販のものを購入する方法のほか、カスタムファームウエア導入済みのPSPや、無改造で自作ソフトが起動が可能な初期ファームPSP-1000を使って、純正バッテリーをパンドラバッテリーを購入することなしに、カスタムファームウエアを導入できるというわけです。
カスタムファームウエア導入済みのPSPがない場合の導入手順!(PSP-3000は違う方法で導入します。)
必須アイテム
PSP-1000/2000両用パンドラバッテリー PANDRA tool battery (バルク)PSP-1000/2000両用パンドラバッテリー PANDRA tool battery (バルク)
()
不明

商品詳細を見る

カスタムファームウエアが導入済みのPSPを持つ友人、知人がいない場合、市販のパンドラバッテリーを購入しましょう。


SONY メモリースティック Pro Duo Mark2 4GB MS-MT4GSONY メモリースティック Pro Duo Mark2 4GB MS-MT4G
(2008/04/19)
ソニー

商品詳細を見る

カスタムファームウエアのPSPをインストーラを組み込んだメモリスティックは、パソコンで作成することになります。最低でも512MG以上のメモリスティックが必要です。


もう時間がないので詳細は後日書きます。すいません。(´・ω・`)

PSPの改造についてなにもしらないかた、一から詳しくわかりやすく解説します。

今回は・・・PSPを大幅にパワーアップする最強ソフト、カスタムファームウエアと公式のファームウエアについて解説したいと思います。^^
長い記事になりますがぜひ見てってださいw。

PSPを制御しているのがファームウエアです。カスタムファームウエアの導入にも、公式ファームウエアの知識は必要です。まずは、ファームウエアについて知っておきましょう。
PSPでいうところの「システムソフトウェア」、いわゆるファームウエア(以降ファームウエアで統一)とは、PSPの内蔵フラッシュメモリに記録された基本ソフトのことです。パソコンで言えばBIOSやOSにあたるものなので、前回紹介したゲームの起動や動画や音楽の再生など、さまざまな基本機能はこのファームウエアで提供されているのです。PSPはファームウエアのバージョンアップで機能を強化できるのが、従来ゲーム機とは異なる最大の利点です。PSP-1000の誕生以降、ひんぱんにバージョンアップが実地されており、実にさまざまな新機能が追加されています。ファームウエアをバージョンアップしなければPSPを十分楽しめないと断言してよいほどです。当ブログも提唱しているPSPの裏テクニックを活用したい人にとって、このバージョンアップとハードウェアの対策によって、改造テクニックの数々が防止されいます。つまり不用意にバージョンアップすると、改造テクニックが使えなくなる可能性が大きいのです。

ファームウエアのバージョンをチェック!
↓これもまたGoogle 画像検索で拾いましたw 画像むちゃくちゃでかくてすいませんw
システムソフトウェア
カスタムファームウエアの導入には、搭載済みの公式ファームウエアのバージョンによって、導入方法が大きく異なります。そこで事前にファームウエアのバージョンをチェックしておく必要があります。搭載ファームウエアのバージョンはPSPメニューで[設定]→[本体設定]→[本体情報]でと選択後、システムソフトウェア欄に表示されている数字で確認可能です。

公式ファームウエアを最新版にアップデートする方法
(´・ω・`)ポチっとな
カスタムファームウエアを導入のために古い公式ファームウエアを入手
(´・ω・`)ポチッとな
解らなかったら気軽にメールファームへメールしてくださいw。3日以内に返答いたします。

☆カスタムファームウエアについて!★
コピーゲームや自作ソフトの機能が可能!
「カスタムファームウエア」は、ここまで紹介してきた公式ファームウエアの機能に加えて、公式ファームウエアでは、不可能な自作ソフトやコピーゲームの起動機能などを追加してくれるという強力なソフトです。
 カスタムファームウエアは、PSPの内蔵フラッシュメモリにインストールされている公式ファームウエアを上書きする形でインストールします。これはPSPの改造に当たる方法なので、導入方法はちょっと面倒です。しかしひとたび導入すれば、PSPの使い道がぐっと拡大します。UMD起動ゲームから抜き出したゲームデータ(ISOイメージファイル)をメモリスティックから起動できるようにしたり、ファミコンなどのゲーム機をソフトウェア上で再現する「エミュレータ」を導入して、PSP上でそれらのゲーム機のプレイできるようにしたり・・・・。
 メーカー非公式な使い方をするために、インストールすると公式のサポートは一切受けなられなります。つまり故障してしまっても、SCEは修理を受け付けてくれなくなってしまうのです。しかしそれを考えても、あまりあるといってもいいほどのメリットがあります。導入はあくまで自己責任ですが、覚悟を決めた人は、ぜひチャレンジしてみましょう!!!。
カスタムファームウエアを導入しても見た目や操作方法は全く変化なし!

いまのところ、公式ファームウエアがバージョンアップされるたびに、ある程度の時間を開けて、それに対応したカスタムファームウエアが開発・公開されています。PSPの最新ゲームの中には、特定のバージョン以上でないとプレイできない使用のものが多いですが最新バージョンに対応したカスタムファームウエアを導入しておけば、最新のゲームも問題なくプレイできます。
 ただし最新のカスタムファームウエアを導入しておけば、問題なくプレイできます。
 ただし最新のファームウエアに対応したカスタムファームウエアはが、なかなか公開されないということもあります。その場合は、残念ですが、公開を待ち続けるしかありません。(今、最新のカスタムファームウエアは、CFW5.50GEN-D3、ファームウエアは、6.20です。)導入方法については、後日解説します。最新カスタムファームウエアが出ましたらすぐに導入方法を解説いたします。(`・ω・́)ゝ
 

PSPの改造についてなにもしらないかた、一から詳しくわかりやすく解説します。3

「うわ 文字ばっかで読むのめんどくせぇ」と思いますが知っているとかなり得しますw

さて 今回はPSPになくてはならない必需品メモリスティックについて解説します!

☆カスタムファームウエアの導入でも大活躍★
PSPはデータの管理記録メディアとして、メモリースティックを利用しています。ゲームのセーブデータを記録したり、動画や音楽ファイルを保存して再生するのになくてはならないのはご存じだと思います。そしてこのメモリスティックはカスタムファームウエアの導入の際にも絶対!に必要です。カスタムファームウエアは、メモリスティックにインストーラを組み込んで導入する仕組みになっています。そのため、カスタムファームウエアの専用インストーラを保存できる最低容量である512MB以上のサイズのメモリスティックが必要となります。加えてカスタムファームウエア導入後にコピーゲームで遊びたいなら、UMDゲームの代わりとなるISOファイルを保存するためのメモリスティックも必要です。メモリスティックに保存したISOファイルを、PSPのメニューから呼び出してゲームを起動するのですが、当然、ゲームの容量に見合う大容量のメモリスティックを用意しなければならないのです。カスタムファームウエア導入時だけでなく、コピーゲームの起動でも必須というわけです。
メモリスティック 4GB
PSPを使いこなすならメモリスティックは必須アイテムです。メモリスティックは、SONY製の4GBがオススメです。ちなみに管理人も4GBでやっていますw。


★パソコンでPSP内にあるメモリスティックにアクセスする☆
PSPはパソコンとUSBケーブルで接続できる機能が搭載されており、PSPに装入したメモリスティックの内容を直接パソコンで開くコトができます。
1、PSPとパソコンをUSBケーブルで接続。

2、PSP側で「設定」→「USB接続」を選択する。

3、パソコンがリムーバブルマディアとしてPSPを認識する。ダイアログの「フォルダを開いてファイルを表示する」を選んで「OK」ボタンをおしてメモリスティックを開ける。

4、接続を解除するには、PSP側で「USBモード」と表示されているときに×ボタンを押せばよい。

↓の画像は、Google 画像検索で拾ったUSBケーブルです。
USBケーブル

PSPの改造についてなにもしらないかた、一から詳しくわかりやすく解説します。2!

最新ファームウエアでできること

カスタムファームウエアを導入する前に、公式ファームウエアでできることを確認しましょう。「UMD」で提供されているゲームを起動できるのがもっともメジャーな機能ですが、それ以外の機能が豊富に用意されているPSPの真骨頂!。動画、音楽ファイルの再生に標準対応されており、さまざまな形式のマルチメディアファイルをメモリスティックに転送して、PSPで再生できます。見逃せないのがインターネット接続機能。無線LAN環境が整っていることが前提となりますが、標準搭載のブラウザでWebページを観覧できます。携帯電話よりも断然使いやすいのです!。

1、UMDの起動 ↓こんなサイズですwPSPの機能の中心はもちろんゲーム。ゲームはUMDで提供されています。
UMD
2、ビデオ再生 メモリースティックに対応している形式の動画ファイルを保存すれば、ファイルを選択するだけで再生できます。対応動画形式はMPEG-4やH、264などです。

3、ミュージック再生 動画同様、メモリースティックに音楽ファイルを保存するだけで再生可能です。MP3やMP4などの形式に対応されています。

4、フォトビューワ 画像ファイルを観覧できるフォトビューワも標準で搭載しています。JPEG,BMP,PNGなどの形式に対応しています。 インターネットで手に入れたコミックの画像なども観覧可能です。

5、インターネットブラウザ 無線LAN環境があればインターネットに接続し、専用のインターネットブラウザでWebページを観覧できます。

6、インターネットラジオ インターネット接続機能を利用して、インターネットラジオを聴くことも可能です。数多くのネットラジオ曲がプリセットされているので、選曲もカンタンにできるのです。

7、周辺機器のワンセグチューナーやGPSレシーバー ワンセグチューナーは、手ごろな価格で地デジ放送が見れます。GPSレシーバーは、対応ソフトを利用することでカーナビに早変わりします。もちろん、車に乗っていなくても役立つこと間違いなしです。

PSPの改造についてなにもしらないかた、一から詳しくわかりやすく解説します。1!

☆動画や音楽の再生もこなせるマルチメディア機!★

プレイステーションポータブル(以下PSP)はただ単純にゲームがプレイできるだけではなく、動画や音楽ファイルの再生やインターネット接続機能などを搭載したマルチメディアポータブルマシンとして登場しました。当初、その高価格やコンセプトのわかりづらさなどから普及が進まなかったのですが、システムソフトウエア(いわゆるファームウエア)がバージョンアップするたびにぐんぐん増えていく機能や「モンスターハンター」シリーズといったキラータイトルの出現などによって、人気マシンとなっていきました。そして、さらなる改良が加わった第三世代の「PSP-3000」が発売され、ますます注目を集めています。当ブログでは、PSPに「カスタムファームウエア」という非公式のソフトをインストールして、PSPをパワーアップするテクニックを紹介するわけですが、まず最初に無改造のPSPで利用できる基本機能をチェックしていきます。通常のPSPではコピーゲームや自作ソフトの起動といった裏技的な使い方はできないものの、それでも豊富に搭載された機能には改めて驚きます。こういった正規ファームウエアにある基本機能はカスタムファームウエアを導入しても利用可能なので、ぜひ使い方を学習しておきましょう。


PSP三兄弟の機能の違いをチェック!(PSP-goについてはまた後日書きます)
左下:PSP-1000 / 右下:PSP-2000 / 上:PSP-3000
↑のようにPSP-1000、PSP-2000、PSP-3000という三兄弟のPSP。当然、それぞれスペックや利用できる機能が異なっている気になるのは、カスタムファームウエアの導入が可能かということです。残念ながらPSP-2000の最後期モデルとPSP-3000のファームウエア5.50以上では、カスタムファームウエア対策などが施されており、今のところ導入できません。今すぐに購入したいのなら中古品の購入を視野に入れて対策前のモデルをなんとか手に入れましょう。対策基盤の見分け方は、外箱をみて、「F」以前の英字が書かれたものを購入してください。外箱のシールの3列目の文字に注目。「G」と記載されている製品は対策が施されています。ちなみに最初期モデルには、英字1文字ではなく、「SS+数字」が書かれていたり、無印のものもありますがそれらにもカスタムファームウエア導入可能です。PSP-2000は、限定色なら迷わず購入できます。
インフォメーション
相互リンクはこちらから
リクエストはこちらから
その他リンク切れ、エラー、ご要望、広告依頼などはこちらから
期待大の予約商品
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
検索フォーム
カテゴリ
検索フォーム
1日1クリックお願いします
↓↓1日1クリックすると管理人の励みになります!!!↓↓
リンク